読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Penguin's holiday

できればずっとねていたい

インターネットで成功するために必要なもの…ともなんか違うけどそんな感じのやつ3つ

変なタイトルになった!!
なんかうまい言い回しが思い浮かばなかったんです…。

えーと、インターネットで成功するために必要なものは、

  • センス
  • 時間
  • (または)お金

かなぁと個人的に思うわけです。

まずはセンス。

何がインターネットでウケるのかを嗅ぎとるセンスが絶対不可欠。「インターネット」と一言で言うとなんだか広いけど、実際は自分の商圏にどうやったらウケる・届くのか…ですかね。ガジェット好きのあーりーあだぷたー内でバズるのか、富裕層にマンションを売るのか、ネットで可愛い女の子をひっかけたいのか…etc。マンション売りたいのにつくったコンテンツではてブで1000ブクマ獲得するのを目指す、とかだとあんまり意味が無い気がします。(遠まわしにはありそうだけど。)
ここで嗅ぎ間違うと明後日の方向に努力してしまい、無駄なリソースを使ってしまうことに。

次に時間。

ひとつは、スピード。
ネタが冷めないうちに、ライバルが現れないうちに、一気に攻めてカタチにする必要がある。インターネットのネタは足が早く、気がつくとこいつ…腐ってやがる… 遅すぎたんだ…という状態になってしまう。

そして、個人的にこれが一番大事だなぁと思うのが、とにかくコツコツやる持続力。
今まで自分が付き合ってきたインターネットでなにかしら成功している人は100%、長いスパンでコツコツ継続し、トライアンドエラーを繰り返しながら少しづつ実績を積み重ねてます。
積み重ねるものは分かりやすいものだとブログの記事だったり、作品だったり、ネットショップでの顧客対応だったり。
SNSでの人脈構築なんかもコツコツが必要なものですよね。楽しくてやっている人は、毎日リプライ飛ばしたりいいね押したりって楽しみなんだろうけど、これ、すきじゃない人に仕事でやれっていうと結構しんどい気がします。リアルな人脈もバカにはならない大事な成功要素ですが、これも普段からマメにつなぎをとっているからいざという時助けてもらえるわけで。

そして、お金。

「または」と書いたのは時間はセンスやお金で代替可能だからです。
ブレーンを雇ったり、広告費かけてばーーーんと露出させたり、超かっちょいくてすーぱー使い勝手のいいサイトをつくってもらったり、クラウドソーシングでブログの記事を書いてもらって量産したり。
と書きつつ、お金を活かすにもやっぱりセンスが必要ですね。センスがないばかりに変なブレーンを雇ってしまってごにょごにょ……みたいなパターンが…。

……以上、センスはないけど自分の時間は使いたくない、そしてお金も掛けたくないけど、チョッ早に、ビッグに、大☆成☆功したいぜ!!!…ってひとって意外と多いよねぇ…という愚痴でした…。
おわり。